インプラント・咬合 | まごころ歯科ブログ

当院の
インプラント
03-5941-9163・午前10:00~13:00・午後14:30~19:00

当院の
インプラント

まごころ
歯科ブログ

まごころ歯科ブログ

まごころ歯科ブログ

インプラント手術と虫歯の治療。痛いのはどっち?

こんにちは

まごころ歯科クリニックの荻原真です。

今日はインプラント手術の痛みについて、普通の虫歯治療(麻酔が必要な程度の虫歯)の痛みと比較して書いてみようと思います。

当院に来る患者様にも『インプラント手術は痛そうで・・』とおっしゃられる方が多くおられます。当然の心配だと思います。

まず、結論を書いてしまいますと、インプラント手術は虫歯治療と比較して、特に痛いものではありません。

勿論、麻酔が必要になりますので、麻酔を打つとき若干の痛みがありますが、これは通常の虫歯治療も一緒です。

そして、麻酔の注射も様々な工夫により、極力痛くなく打つことができます。

ここで問題になるのが、麻酔の効きやすさについてです。

皆さんも経験があると思いますが、普通の虫歯治療のときの麻酔を思い出してみて下さい。麻酔は歯そのものに打つのではなく、歯の近くの歯肉に打ちます。歯は非常に硬く直接針が刺さりませんので当然です。

歯肉から入った麻酔液は骨の中を浸透し、やがて歯の内部に作用することによって、痛みがでなくなるわけです。

歯の内部には歯髄という神経の豊富な組織があり、これが一般的に『歯の神経』といわれるものです。この歯髄に麻酔を効かせる必要があるのです。骨にも神経はありますが、歯髄のように豊富に神経が通っているわけではありません。

骨はミクロな視点でみると、穴だらけであり、とても『粗』な組織です。スカスカということです。スカスカですので比較的早く麻酔が浸透していきます。

それに対して、歯は非常に硬く、『密』な組織です。ぎっしりつまっていて、麻酔液が容易に中に浸透するような構造ではありません。ですが、歯の根の先端部にのみ、神経の通り道(根尖孔)があるため、この周囲まで麻酔液が浸透すれば、ようやく歯の内部に麻酔が効きます。

つまり、歯の内部に麻酔を効かせるには、歯の根の周囲の深さまで麻酔を浸透させ、神経豊富な歯髄まで届かせなくてはならないのです。

単に骨の中だけに麻酔を効かせる方が簡単なわけです。

ですので、骨の麻酔を効かせるだけでいいインプラントの手術において、手術中に痛みがでることはほとんどありません。

もっとも、別の場所から骨を採取したり、複雑なインプラント手術を長時間行う場合は、途中で麻酔の効果が切れてくる可能性もありますので、絶対痛くないというわけではありません。そのような場合は途中で麻酔を追加しなければならないこともあるでしょう。また、そうした場合には、静脈内鎮静法を併用することも有効でしょう。

いずれにしても、インプラント手術は虫歯治療や、歯の神経を取り除く治療と比較して、特に痛い処置というわけではないのです。

術後、麻酔が切れてくると痛みがでることはありますが、こちらも痛み止めをお飲みいただければ大丈夫です。

ただし、術後の痛みに関しても、複雑なインプラント手術や増骨手術を行った場合は、シンプルなインプラント手術に比べ、痛みや腫れが出やすいことがあります。

 

こちらの記事もあわせてお読みください。

インプラントと天然の歯は繋げられない?

インプラントに対するフッ素の影響について

虫歯はどうしてそんなにも痛いのか?

 

 

 

偶然の発見から発展したインプラント治療

こんにちは。まごころ歯科クリニックの荻原真です。

今日はインプラントが骨と付く理由と、その原理の偶然の発見について書いてみようと思います。

皆さんの中には、インプラントは骨に埋め込まれた単なるネジだと思っている方はいらっしゃいませんか?

実際、ネジといえば、ネジなのですが、

インプラントは単に骨の中にネジの力で固定されているわけではありません。

もしインプラントが単にネジの力で固定されているだけならば、インプラントに逆回転の力を加えれば簡単に緩んでしまうはずです。しかし、治療を完了したインプラントの歯に逆回転の力を加えてもびくともしません。硬いものをバリバリ食べても緩むことはありません。

なぜでしょうか?

実は骨とインプラントを構成するチタンは、あたかも一体化しているかのように化学的に結合しているのです。この現象は『オステオインテグレーション(オッセオインテグレーション)』といわれ、現代インプラント治療の根底を支える現象です。

オステオインテグレーションの発見によりインプラント治療は飛躍的に発展しました。

このオステオインテグレーションという現象は、実は偶然発見されたものです。

1952年、スウェーデンの科学者であるブローネマルク博士はウサギの骨にチタン製の実験器具を使って実験をしていました。その際、実験器具がウサギの骨から剥がれなくなってしまったことから、偶然、骨とチタンが化学的に結合することを発見したのです。

ブローネマルク博士はその後も、オステオインテグレーションの研究を続け、1965年、インプラントを臨床応用することに成功しました。

その後、インプラントはその形や、細かな表面性状に改良が続けられていますが、基本的にはこのオステオインテグレーションをいかに早く、そして確実に得るか、さらに維持し続けるか、を研究し続けているのです。

得てして、人類史上に残る偉大な発見は、偶然の産物なのかもしれません。

そして、科学に真摯に向き合っている偉大な人物だけが、その偶然を見過ごさず、形あるものにすることができるのかもしれませんね。

 

こちらの記事もあわせてお読みください。

インプラントと天然の歯は繋げられない?

インプラントに対するフッ素の影響について

インプラント治療と虫歯治療。痛いのはどっち?

『食後すぐ歯磨きはダメ』という説は本当か?

 

日本口腔インプラント学会 大阪大会参加

こんにちは

まごころ歯科クリニック院長の荻原真です。

先日、日本口腔インプラント学会、大阪大会に参加してきました。

今年のテーマは、「インプラント治療が拓く未来」~超高齢化社会への責任~でした。

日本はまさに超高齢化社会を迎え、寿命を延ばすことだけでなく、健康に老後の生活を送るためにどうすればよいかが問われる時代になっていると思います。健康な生活を送るためには、よく咬めて、何でもおいしく食べれることがやはり重要です。

虫歯や歯周病によって、歯や歯を支える周囲の骨が失われてしまうと、単に食べにくくなってしまうだけでなく、コミュニケーションもしにくくなり、全身的にも多くの悪影響があることが分かってきております。

インプラント治療は、口の中の健康を取り戻すだけでなく、全身の健康と、質の高い生活を支えるための画期的な治療法であると思います。
人生100年時代を迎える日本で、健康で充実した社会をつくっていくために、私達歯科医師ができることはなにか?

そうしたことを考えさせられるインプラント学会となりました。

まごころ歯科は、久我山・高井戸地域の皆様の健康で充実した人生の一助となれるよう、インプラントをはじめとした質の高い医療を提供できるよう、これからも取り組んでまいります。

今後とも宜しくお願いいたします。

インプラントと天然歯は繋げられない?

こんにちは

まごころ歯科クリニック院長の荻原真です。

今日は『インプラントと天然歯は連結できるのか?』というテーマについて書いていこうと思います。

まず天然の歯同士は連結可能ですね。歯と歯の中間に位置する歯を失ってしまった場合、両隣の歯を削って、真ん中にダミーの歯を作って固定する『ブリッジ』という方法が一般的に行われます。これは天然の歯同士を連結しても問題ないため行われる治療です。

次にインプラント同士も連結することが可能です。例えば歯を3本連続して失ってしまった場合、両端に1本ずつインプラントを埋入し、真ん中はダミーの歯のみを取り付ける『インプラントブリッジ』といわれる方法が可能です。

では、天然の歯とインプラントを連結することはできるのでしょうか?

天然の歯とインプラントを連結することが可能であれば、インプラントと天然の歯を使ったブリッジがつくれますので、埋入するインプラントの本数を減らすことができ、治療にかかる費用を抑えることができるはずです。

しかし、一般的に天然歯とインプラントの連結は行われません。

なぜでしょうか?

これには理由があります。

実は普段びくとも動かないように見える天然の歯ですが、目に見えないような範囲で少し動いているのです。天然歯の周りには歯根膜という弾力のある膜があり、歯と骨との間でクッションの役割をはたしています。このため、生理的動揺といわれる0.2mm未満のわずかな動きがあり、うまく衝撃を吸収しているのです。

インプラントにはこの歯根膜がなく、骨と直接付いているため、全くと言っていいほど動くことがありません。

生理的に動く天然歯と、動かないインプラントをがっちり連結してしまうと、動かないインプラントの方に力が集中してしまうことになります。結果、過度の力を受けたインプラントに問題が起きる可能性があるため、一般的に天然の歯とインプラントは連結しないのです。

しかし、これはあくまで理論上の話ですので、状況によって連結されることもあり、絶対に連結してはならないということではありません。

当院では基本的に天然歯とインプラントを連結することはありませんが、積極的に連結するという先生もいらっしゃり、問題なく使用することができているとの話をうかがっております。

基本的には天然歯とインプラントは連結すべきではありませんが、どうしても連結が必要な場合には、天然歯とインプラント双方に無理な力が加わらないように十分な工夫をほどこす必要があると思います。

まごころ歯科クリニック高井戸西予防インプラントセンターでは、高井戸・久我山地域を中心に、より良い歯科治療を行うために取り組んでおります。どうぞお気軽にご相談下さい。

こちらもあわせてお読みください。

天然歯とインプラントの歯の形の違いについて

インプラントに対するフッ素の影響について

偶然の発見から発展したインプラント治療

 

天然の歯とインプラントの歯の形の違いについて

こんにちは

まごころ歯科クリニック・高井戸西予防インプラントセンターの荻原真です。

よく患者様に『インプラントと天然の歯はどう違うのか?』というご質問をお受けすることがあります。

インプラントは人工歯根といわれ、天然歯に近い美しさと咬み合わせをつくることができます。

しかし、天然の歯とは多くの点で違いもあります。

違いを理解することは、インプラント治療をする歯科医にとって不可欠なことですが、治療を受けられる患者様もイメージをつかんでいただくことが重要です。

今日は天然歯とインプラントの違いのなかでも、少々専門的な話ではありますが、『天然歯とインプラントの歯の形の違い』についてご説明しようと思います。

天然歯とインプラントの歯の形に違いは、インプラントの断面の形が円形をしていることから生じます。

インプラントは各メーカー様々なものがありますが、断面をみると、ほとんどが直径3.5mm~4mmの円形をしております。

現代のインプラントはネジのように骨の中に回転させながらいれていく構造になっているので、インプラントの断面は必ず円形になっているのです。

一方で天然の歯の根元部分の断面はだ円形です。特に下の大臼歯は歯根が二つあるため、歯の根元の部分は前後径が長く、円形のインプラントと大きく形が異なります。

ですので下の奥歯にインプラントを入れた場合、天然歯は寸胴なのに対して、インプラントは頭が大きくて足が細い形態になることが多いです。ただし見た目にも、機能にもほとんど影響のないレベルの話です。

下の奥歯を作るとき、形を少しでも天然歯に近付けるためには、天然の奥歯と同じように、本来は2本のインプラントを入れることが必要です。ですが、実際には2本いれることはまれです。

というのも、『インプラントとインプラントの間は3mmの間をあけなければならない』という原則があるため、1本の歯に対し2本のインプラントを入れるにはかなり細いインプラントを使わなければならず、現実的ではありません。また、費用の面でも非合理的です。

ですので、2本分の歯根を持つ奥歯に形や強度を近付けるために、なるべく太いインプラントを1本だけいれるということになります。

ここで問題になるもう一つの原則があります。それは『インプラントの周囲には1㎜の厚みの骨が必要である』という原則です。細い骨に無理に太いインプラントを入れることは好ましくないということです。

この原則に従うと4mmの直径のインプラントをいれるためには、6mmの骨の厚みが必要ということになります。ですが、天然の歯が抜けるとき、歯の周囲にあった骨も一緒になくなってしまうため、インプラントを入れる時点では骨が細くなってしまい、適切な厚みを確保できないことが多くあります。

ですので、歯を抜く時点で、骨が一緒になくならないように、慎重に、特別な工夫をして歯を抜くことが重要です。こうした処置はソケットプリザベーションといわれ、インプラントを前提とした抜歯時によく行われます。また、一度細くなってしまった骨を太く再生する方法もあり、骨造成といいます。

このように、インプラントと天然歯には多くの面で違いがあります。できるだけ天然の歯に近付けるためには、症例ごとに工夫し、慎重に取り組んでいくことが必要です。

まごころ歯科クリニックは、久我山、高井戸周辺地域でより良いインプラント治療を行っていくことができるよう、日々研鑽を重ねております。

こちらの記事もあわせてお読みください。

インプラントと天然歯は繋げられない?

インプラントに対するフッ素の影響について

偶然の発見から発展したインプラント治療