できるだけ神経を残す治療|杉並区高井戸での予防歯科・インプラント|まごころ歯科クリニック

当院の
インプラント
03-5941-9163・午前10:00~13:00・午後14:30~19:00

当院の
インプラント

まごころ
歯科ブログ

まごころを込めた取り組み2 できるだけ神経を残す治療

まごころを込めた取り組み2 できるだけ神経を残す治療

ホーム一般歯科まごころを込めた取り組み2 できるだけ神経を残す治療

できるだけ神経を残す治療

健康な歯には神経(歯髄)があり、いわゆる『生きている』状態にあります。神経を取った歯は死んだ状態となり、どうしても弱くなってしまいます。当院では、大切な歯の神経を残すため、「MTA系覆罩材」という材料を取り入れた治療を行っております。

MTA系覆罩材について

MTA系覆罩材を塗布しているところ
MTA系覆罩材を塗布しているところ

虫歯で痛みがある場合、歯髄を取り除いてしまえば、簡単に痛みは治まります。しかし、歯髄を取ると歯は弱くなり、根の先に膿がたまりやすくなったり、歯が折れやすくなってしまいます。歯の寿命を考えると、歯髄を残すことは極めて重要です。では、どうすれば深い虫歯でも歯髄を残すことができるのでしょうか?
生体には刺激に対して抵抗する力があります。歯の場合、刺激を受けると歯の内側に硬い防御壁をつくり、刺激を遮断しようとする力があります。このときできる防御壁を、第三象牙質、デンチンブリッジと呼びます。

当院ではできる限り歯髄を保存するため、『MTA系覆罩材』という材料を取り入れております。この材料は従来より使用されている水酸化カルシウム製剤より、歯髄の防御壁であるデンチンブリッジの形成を促す力が強く、高い確率で歯髄を残すことができます。虫歯が深い場合、MTA系覆罩材塗布後、一時的に歯が過敏になり、冷たい物がしみやすくなることがありますが、多くの場合、数週間で症状は治まってきます。しかし、歯の状態によってはMTA系覆髄材を使っても、歯髄に炎症などが起きてしまい、残念ながら歯髄を取らなくてはならないこともあります。また細菌感染のある歯髄には適用できないこともあり、万能な治療薬とは言えませんが、MTA系覆髄材は、歯の神経を守るためにとても有効な治療法です。

診療項目MAGOKORO DENTAL MEDICAL CARE

いつまでも健康な自分の歯でいられるよう、当院では予防歯科に力を入れております。
また、最新機器を使用した正確な治療を行い、特にインプラント治療に専門的に取り組んでおります。

まごころ歯科クリニック概要Magokoro Dental Clinic Overview

医院名
まごころ歯科クリニック
高井戸西予防インプラントセンター
住 所
〒168-0071 東京都杉並区高井戸西2-9-5 山手ビル1F
TEL
03-5941-9163
アクセス
京王井の頭線「富士見ヶ丘」駅徒歩30秒
休診日
水・日・祝
※予約制となります。
診療時間 日・祝
9:50~13:00
14:00~18:40
インプラント無料相談ネット仮予約
2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

お知らせNews

診療時間の変更のお知らせ
当院は、沢山の患者様に支えられ、二周年を迎えることができました。スタッフ一同、
心より御礼申し上げます。
今後も、予防歯科及び最新の歯科治療に一層力を入れていく所存です。
高度な医療技術習得のため、また優秀な人材確保のため、
誠に勝手ながら3月より診療時間を変更させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜わりますようお願い申し上げます。

平成30年3月1日より
〇午前 9:50~13:00(最終受付12:30)
〇午後 14:00~18:40(最終受付18:10)
〇定期検診最終受付 17:20
ホームページリニューアル開設のお知らせ
患者様へより分かりやすく、治療についてのご案内をしたいと考えホームページを開設いたしました。
ご不明点やご不安な点などございましたら、お気軽にご相談ください。